泣かずに^^;

8:10am~小学一年生への読み聞かせ
 教室に行くと、「あ!おはようございます~」
「来た~♪」って手を絡ませてくる子どもたちもいて
一年生可愛い(^^)

昨年らぴ~♪さんのブログで知って、早速購入したものの
末っ子のクラスでは読んでいなかった

「おこだでませんように」


と、先日図書館で借りて
昨日も一生懸命読む練習をしながら
そのつど挫折していた

「かわいそうなぞう」

 途中、自分が泣いちゃったらどうしようと
思いつつ
 お?意外に読めました(^^;)

 8:40am帰宅

旦那がバイクの引き取りなので店番

 公民館報の原稿書きとデータをCDに落として支所に届け

 旦那の昼 サンドウィッチ  ハムエッグ オーシャンツナサラダ             


午後は私と次男でありあわせのお昼の後

三郷支所でバイクの登録

夕方、友達から「とうもろこしあるから取りに来て~」とメールm(_ _)m

夕飯は

チャーシューご飯

かんぴょうのかき玉汁

とうもろこし



落語好き

朝景、今日も川霧の朝




やはり今朝になって脚が痛むと言う長女を整骨院へ送り

 一旦帰宅

定休日でいつもより遅く起きてきた旦那は
 レンタルバイクでツーリングに行くとの由

8:20amからの読み聞かせで末っ子の教室へ

「わたしがあなたを選びました」

頑張って読みました!

で、予備で持っていた

「5分で落語の読み聞かせ」
 をめざとく見つけた子ども達が

「落語やって!」の大合唱^^;

 想定外だったので、どれにしよう..と悩みつつ

「まわりねこ」を選びました

 子ネコが生まれて名前をつけるのに、オスだから強そうな名前がいいなぁと

言ったところ

大阪のおじさん「それやったら、トラっちゅう名前はどないや?

 トラはけもののなかで一番強いでぇ。それになんちゅうても

タイガースは日本一やさかいな」

「じゃあトラに決めた」

それを聞いた名古屋のおばさんが

 「なに、とろくせゃあこと言うとりゅーす。トラより強いのは「竜」だがや

竜虎の戦いというて、竜はトラよりも強いでよ。

それにドラゴンズこそ日本一だがや」

「そうかぁ。じゃあリュウにしようっと」

それを聞いた福岡のおじいちゃんが

 「なんば言うとるとね。竜がなんぼ強かちゅうても

雲がなけりゃあ、天に昇ることはでけんじゃろう。

名前はクモにしんしゃい!」

「そうかぁ。じゃあクモにしようっと。クモちゃん、クモちゃん」

それを聞いた北海道のおばあちゃんが

 「めんこいネコにクモなんて名前は、似合わないっしょ。

いくら雲が強いって言ったって「風」が吹いてきたら

ひとたまりもないっしょ。雲より風の方が強いだべさぁ」

「だったらカゼにしようっと。カゼちゃん。カゼちゃん」

それを聞いた高知のおんちゃんが

 「なに言いゆう。ネコにカゼてな名前はおかしいぜよ。

なんぼ、風が強うても、丈夫な「壁」があったら

どんな台風でも防げるろう。強い名前にしたかったら

「壁」ちゅう名前にしいや」

「そうか、だったらカベちゃんにしようっと」

これを聞いた、東京のあにいが

 「おうおう、カベだなんてマヌケな名前があるもんか。

いくら丈夫なカベだってな、ネズミが出てきてかじったら

ひとたまりもねえんだ。

 カベよりネズミが強えんだから、ネコの名前はネズミにしな」

「え~!ネコの名前にネズミですか?

う~ん..でも一番強いんだから仕方ないか

このネコの名前はネズミに決~めたっと」

 これを聞いたお母さんが

「ネズミより強いものがあるわよ」

「え~?それ、なあに?」

「ネズミより強いものはね」

「ネズミより強いのは?」

「あのね・・・・ネコ」

 こうして、ネコの名前は「ネコ」に決まりました。


で、お後がよろしいようで..と立ち上がろうとしたら

「もう一個!!」の大合唱で(^_^;)

じゃあ、もう1つだけ

「あたま山」

さくらんぼが大好きなおじさんが、知り合いから送られてきた

さくらんぼを大喜びで食べているうちに、あんまり急いで食べて

タネを1つ飲み込んでしまいました。

 春になるとおじさんのお腹のなかでさくらんぼのタネが芽を出し

どんどん伸びて、頭のてっぺんから桜の木が生えてきました。

 四月になると綺麗な花が咲き、喜んだのは近所の人たち

「うわぁ、きれいな桜だなあ。今日はひとつ、みんなであたま山まで

花見に行こうじゃないか」とお酒やお弁当を持って

おじさんの頭の上で夜遅くまで花見の大宴会

 みんなが大騒ぎするので、おじさんは寝ることができません。

こんなことが続いたら病気になってしまうと思ったおじさんは

植木屋さんに頼んで、桜の木を抜いてもらいました。

 桜の木を抜いたあとに大きな穴が空いて、そこに雨がたまって

大きな池ができました。

 また喜んだのは近所の人たち

「うわぁ、大きな池だなぁ。魚もたくさんいるんだろうな

みんなで釣りに行こう」と

おじさんの頭の上の「あたまが池」にやってきて釣り競争の大騒ぎ

 中には釣り竿をふりまわしたはずみで、おじさんの鼻の穴につりばりを

ひっかけてしまう人もいて「あいたたたた!」

 夏になるとあたまが池に屋形船を浮かべてお酒や美味しい料理を

食べる遊びがはやりはじめました。

 そして、今日は花火大会が開かれることになり

おじさんの頭の上では、夜おそくまで花火がポンポンあがり

船の中では

「きれいな花火だな、さあお酒を飲んで、歌を歌って

おどりを踊ろう。ああ、こりゃこりゃ」

花火がぽーんぽーん

たいこがトントコトン

しゃみせんがチントンシャン

ああ、こりゃこりゃ

ぽーんぽーん

たいこがトントコトン

しゃみせんがチントンシャン

ああ、こりゃこりゃ

ぽーんぽーん

 あまりのうるささに、おじさんんは

「やかましーっ!!」

頭の上で騒いでいた人たちは慌てて逃げていってしまいました。

 ひとりになったおじさんは

「ああ、今年は静かになったけど、来年の春になったら

また桜が咲いて、花見の人がやってくるにちがいない。

 花見が済んだら、夏には魚釣りと花火大会で

夜遅くまで大騒ぎだ。
 
 もう、こんなことなら生きていてもしかたがない」

と自分の頭の池に飛び込んで死んじゃったんだってさ。


驚愕?のラストに、子ども達は大騒ぎ(^^;)

 いつの間にか教室に来て、子ども達と一緒に聴いていた
担任の先生もふいてた(^-^)
 
 先生に「この子達、みんな落語好きですね~」と言ったら

「ゲラゲラ笑ってましたね~」って


 公民館報の取材で10時にアポ先に行ったら
急な都合で14時に来てくれと..

 帰宅したら、ちょうど長男が起きてきた、お昼は大学で..と
慌てて作ったサンドウィッチ


自分のお昼はいかにも主婦のお昼って感じでしょ?(笑)


15時くらいに帰ってくると朝出かけていった旦那が13時半帰宅

で、お昼は(外食してくると思ってたのに)まだだと(汗)

家を13:50pmには出ないといけないから、10分で用意したよ..


で、14時に「がんこおやじ」 社長さんと会うことに...

 「がんこおやじ」だったらどうしよう(^^;)

と思いきや!

 ガラスやトンボ玉だけにとどまらず、南部鉄器
長崎螺鈿(らでん)細工、古銭、船箪笥(タンス)等々
30年以上に渡って収集しているそうで話が尽きずに

 気付いたら1時間45分もおしゃべりしてた

社内の案内もしてくれて、スポーツダーツの腕前も
披露してくれて
 帰りに焼きいものおみやげまでm(_ _)m


で、店の発送業務が16時ギリギリセーフ

夕飯は

しめさば

おろぬき菜と里芋、油揚げの味噌汁

漬け物

今、何時だい?

朝のうちに草取りを済ませて

今日は末っ子が5年生になってから初めての
読み聞かせ当番

 学年が上がるときにクラス替えがあったし
久しぶりの読み聞かせだし
ちょっと緊張しちゃった

 昨日、図書館で借りてきた




「ときそば」川端誠著


あらすじ


を読み終わって本から目を上げると

みんな、ぽか~ん????状態

 「あ、わかんなかったかな^^;
一人目の人の時と時間が違うんだよ」とページを
戻して説明しようとしたら

「わかった!!」「そっか!」
「逆サギだ!!」って大騒ぎ

久しぶりの「もう1つ読んで!」コールに嬉しい限りでしたが
 時間切れ、また今度ネ(^^) 


帰宅して、長男のお弁当を作り



 家事と地区の配布物の後

梅干し、6.8kgの漬け込み~

お昼は


冷製チーズクリームパスタ

 午後も店の仕事

夕飯は


チキンカレー

豆腐、若布、行者ニンニクの和え物

読み聞かせ最終日

波田図書館経由で、病院(血圧の定期健診)

 この前から手首に違和感があるので
ついでに整形も..と思っていたら今日の整形は予約のみとか..

 予約前30分に着いて、予約時間30分過ぎても
名前が呼ばれず
待ち時間で



「いのちのレッスン」新藤 兼人著
を読了
 前にNHKの「私の本棚」の朗読で聴いたけれど、活字ではまた
別の味わいがあります

ようやく帰宅は13時前
慌てて昼食の用意をして



昼食後、読み聞かせへ

いつもは5分くらい前に着くようにしているんだけど
 今日はギリギリだったせいか

教室の中から私を見つけた子ども達が「来た~!!来た~!!」って^^;

 子ども達のリクエストで「ばけものつかい」と

落語は「びんぼうがみ」「てれすこ」

「ばけものつかい」では、「次は三目小僧が出てくるかなぁ」

ページをめくったら大入道

「でかい!」

大入道が小指を使って肩たたきをする場面では

「うまいよね~」って、すっかり絵本の世界に入り込んでいる様子

 同じ時間を共有できる喜びを感じました

つたない読み聞かせを聴いてくれた29人の子ども達
どうもありがとう

子ども達のおやつはベーコンパン(炊飯器)
全粒粉、砂糖、塩、ベーキングパウダー、ぬるま湯
 ベーコン、ミックスベジタブル、チーズ

おにぎり



夕飯は、ミートソーススパゲティー
 ほうれん草のかき玉スープ



今日、図書館で借りた絵本




ゆうかんなアイリーン ウィリアム スタイグ著




ルリユールおじさん いせ ひでこ著




こねずみトトのこわいゆめ ルイス・バウム著, スー・ヘラード イラスト





ルピナスさん ―小さなおばあさんのお話 バーバラ クーニー著



次男抜歯

 先月の末っ子に続き、今日は次男が信大口腔外科での抜歯

出かける前に、BSでちりとてちんを観ていたら、コタツの下に末っ子の
連絡帳が..(-_-;)

 通学路途中で渡して、8:10amに信大着

下の左右奥歯(親不知の1つ内側)二本がまるっきり横を向いていて
今後出てくる可能性が低いことから抜歯が決まりましたが
 一度に2本というわけにはいかないので
今日は比較的抜きやすい方から...ということになりました

 で、説明後
廊下の椅子に腰掛けて待っていたら、看護士さんが

「お母さん、yuukiくんの具合が悪くなったので
来てください」と呼ばれ

麻酔で具合が悪くなり、血圧が下がったそう(*_*)

 私が呼ばれた時にはすでに血圧も100に戻っていました

そんなこんなで、抜歯終了まで約1時間かかり

待ち時間で


「ハードボイルド・エッグ」荻原 浩著を読みました

帰宅して、お昼はブロッコリーとツナのパスタ



「自転車パンクしちゃった」と長男からメールでバイト先に
迎えに行き、次男を中学に送り
 13時40分からの読み聞かせへ




「かえるをのんだ ととさん」日野 十成 著, 斎藤 隆夫 絵


表紙を観て「なんか怖そう」「あれ?カエルとヘビと..」「版画みたい」と
言っていた子ども達

 ページをめくると「あれ?全然感じが違う」

先日の落語「すずきさんのあくりょう」にちょっと似ているので
どうかなぁと思っていたんだけど、大うけ(^-^)

で、お約束?の落語

-ほらじまん

いつもほら話をする「とらさん」


「またほら話をしにきたのかい?」と聞かれて

「私は今までいっぺんもウソをついたことがない」と


「私は今までいっぺんもウソをついたことがない、なんて
これまでで一番のウソだ」と言われ..

じゃあ、今日は本当の話をするから..と
 先日まで旅で訪れていたとっても寒い国の話をします

泊まったホテルは「きたかぜホテル」、部屋の名前は「つららの間」

寝るときには普通の布団だと寒いから、鉄板の上でたき火をしながら
寝るんだよ

 雪がたくさん降って、隣の家にも行けなくなるから
となりの家との間に太いパイプを通して
 雪が積もったら、このパイプに向かって「おはよ~」と言うと

となりからも「おはよ~」って挨拶が聞こえると

「ああ、お隣も元気でやってるなぁ」とわかるんだけど

 もっと寒くなると、この「おはよ~」の声がパイプの途中で凍ってしまって
隣からの「おはよ~」も途中で凍ってしまい
 パイプの真ん中に「おはよ~」のかたまりができちゃう


「ふ~ん、それでどうするの?」

「声が聞こえなくなったら、はは~ん凍ったなぁとわかるから
鉄の棒でパイプの中をつつくと「おはよ~」の固まりが壊れて
 家の中にバラバラちらばって落ちてきて、ストーブのあたたかさで
溶けて、あっちで「おはよ~」こっちで「おはよ~」
 あっちのすみで「おはよ~」こっちのすみで「おはよ~」
「おはよ~」「おはよ~」って、やかましい、やかましい」


「おまえがやかましいんだよ
それにしても声が凍ったりするかなぁ」

「声くらいでおどろいてたらいけません
 あっちじゃ、火事だって凍るんですよ

火事の時に冷たい北風がピューっと吹くと
火が燃え上がった形のままカチ~ンと凍ってしまうんです」


「ふ~ん、それでどうするの?」

「ほっといたら、あたたかくなってまた燃えだすと危ないから
ノコギリで凍った火をゴリゴリ切り取って小さい火のかたまりにして
 その火の固まりをビニールの袋に入れて、お湯を入れたら
三分でぽっと燃え出す「インスタント火のもと」って売っているんですよ」


「へ~、ほんとかい?」

「ハハハハ、ウソですよ」

な~んだ、まただまされたのか。


さてお終い、と思ったら「もう1つ!!」



-ロボットしずかちゃん

新製品の家電好きのおねえちゃんに留守番を頼まれたとおるクン

 冷蔵庫を開けて「何を食べようかな?」と迷っていると


「ドアを閉めてください!」

「うわ!ビックリした!一体だれがしゃべったんだ?

ああ、この冷蔵庫か。そういえば、この前乗せてもらった
おじさんの自動車でも「うしろのドアが半ドアです」って
教えてくれたっけ。便利なものが出来たなぁ」


「冷たい空気が逃げますから、早く閉めてください!」

「冷蔵庫に叱られちゃったよ。あ、ここにパンがあるから
焼いて食べようっと。
 トースターのコンセントをさしこんで..と」


「パンを入れてください」

「うわ、トースターも、ものを言うよ
 はいはいパンを入れますよ」


「スイッチを入れてください。スイッチオン、スイッチオン
 スイッチョン、スイッチョン」

「なんだか虫の鳴き声みたいだな。はいはい、パンを入れますよ」

「それでは、ただいまから焼き始めます」

「へ~、本当に焼き始めたよ
 それにしてもいろんな機械があるなぁ
これは電気かんきりきで、あれは電気ごますりき
 こっちは電気たまごわりき?たまごなんて
手で割ったほうが早いんじゃないかな。
 これは電気テレビか..テレビはたいてい電気だと思うけど

隣はベッドルームだな。うわぁ大きなベッドだなぁ
 お昼寝をしようっと」


「ねむれ~ねむれ~母のむね~に♪」

「うわ!ベッドまで歌を歌うのかよ。まあ、いいや
お昼寝、お昼寝」


「起きてくださ~い!時間ですよ。起きてください」

「なんだよせっかくよく寝ていたのに」

「お昼寝は一時間で充分です!起きてください
早く起きて働け~!」

「大きな御世話だ!無視して、もっと寝ようっと」

「起きてください!起きなさい!起きろ!起きろ!起きろ!」

「うるさいなぁ。わかった、わかった」

するとキッチンの方から


「冷蔵庫の野菜室のキャベツがくさりかけています
すぐに捨てなさい」

「トースターのパンが冷めます!早く食べてください!」

「早く起きろ!」「キャベツ捨てろ!」「パンを食べろ!」

「もーやかましいなぁ」と、そこに帰ってきたお姉ちゃん

「やかましいでしょう、私もやかましいから
今日、電器屋さんで「ものを言う機械をしずかにさせる機械」を
買ってきたの
 このロボットなんだけど「しずかちゃん」という名前なのよ」

とスイッチを入れると、音もなく静かに動き出したしずかちゃん

大騒ぎをしている機械の真ん中に進み、可愛い声で


「は~い、みなさんお静かに

静かにしましょうね~、静かにしましょうねぇ~

静かにしてちょうだ~い、お静かに~」

と言っていましたが

 みんなが静かにならないので、だんだん大きな声になって


「静かにしなさ~い。静かにーっ。静かにしろーっ!
静かにせんかーっ!」

しまいには、誰よりも大きな声で

「こらーっ!おまえらーっ!静かにせんかーいっ!!」

 お後が宜しいようで(^^)


店の仕事で支所に行き次いでに波田の図書館

一旦帰宅して、ホットケーキミックスケーキの仕込みをして
スイッチオン
 
店の仕事で郵便局と銀行と買い物を済ませて帰宅したら
ちょうどケーキも焼き上がり


 卵一個、牛乳150cc、インスタントコーヒー大さじ1パイ半
ホットケーキミックス200g、大きめに割った板チョコ一枚分を混ぜて
炊飯器の白米コース

夕飯は


 ガーリックトースト(ご近所さんからパンをたくさん頂いたので)

クリームシチュー

 ツナとレタスとミニトマトのサラダ


PC前

一日違いで、こんな天気?と思うくらいの雨です
(昨日はピーカンですっかり日焼けしたけど
いがや..この雨だったらと思ったらぞっとしました^^;)

今日の読み聞かせは月曜なので
朝読書 8:15~8:30の15分





「考える豚」 桂三枝 文 原田征太郎 絵


内容(「MARC」データベースより)
食べることだけが楽しみの養豚場の豚たち。えさを食べないトン吉を心配した仲間が尋ねると、「おれ、ハムになりとうないんや」 ダイエットして体をきたえ始めたトン吉の計画とは…。桂三枝落語絵本シリーズ第4弾。

 で、怪しい関西弁で読んできたけど、途中
スゴイ緊張しちゃった(^^;)

今日は店は定休だけど、あれやこれや仕事があり
PC関連もたっくさん

NHKのスタジオパークのゲストが江波杏子さんだったので
こちらはお昼を食べながら、長男と観ちゃったけど^^;

子ども達のおやつはカレーホットケーキ



 夕飯は、冷や麦
カレー汁と投汁風

 夜も地区児童会のことなどでドタバタ

来週も

朝景(少し雪が降りました)



社長のお昼のロールサンドを作っていたら
何だか前よりパンの大きさが小さくなっているような(?_?)



店の仕事で支所と銀行へ、その後松本の図書館に寄ってから
テニスに行こうと思っていたら
 途中の渋滞で、テニスはキャンセル
 
今日の読み聞かせにも何冊か持って行ったのですが

「お化けの読んで~!」

来週三回の追加公演がゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 決定(^^)したので

らぴ~♪さんのブログで知って
昨日図書館で借りてきた本は来週のお楽しみにしました




「お化けの真夏日」川端誠


昨日、「お化けの冬ごもり」を読んだからか
 最初のページをめくった途端に

「あ!ろくろ首だ!」




「お化けの海水浴」川端誠


文章にはないのに「あ、砂かけばばあが、まだ準備運動してる~!」
「ほんとだぁ」大うけ

海坊主の絵にも「おおっきい!!」とあちこちで声があがります
川端さんの絵力を感じます

 で、落語



-けちべえさん

あるところに、とてもケチな「けちべいさん」というおじさんがいました

 けちべいさんの家の隣はウナギ屋さん

毎日、うなぎを焼く良い匂いが流れてくると家族のみんなに

「さあさあ、みんなごはんにしましょう

いいかい、おかずは漬け物と、このうなぎを焼く匂いだけだよ」

 毎日、においだけでご飯を食べていたら

ある日、隣のうなぎ屋さんがやってきて

匂いのかぎ代500円を払ってくれと..

 けちべえさんは、財布から100円玉を机の上にチャラチャラチャラと出して

うなぎ屋さんが「毎度ありがとうございます」と受け取ろうとすると

パッとお金を机から取り上げて

「匂いのお金なんだから、音だけでいいだろう」

 その三日後、けちべえさんは息子のけちじろうさんに

「絵をかべにかけるから、隣のうなぎ屋さんに

かなづちを借りてきておくれ」

「釘を打ったらかなづちがへるから貸せませんと断られました」

と聞いたけちべえさん


「あきれはてたケチな奴だ!!

もういい!そんなやつに借りることことはない!!

うちにあるのを出して使おう」

 そのまた三日後

けちべえさんとけちじろうさんが、川の近くを歩いていたら

けちべえさんが石につまづいて、川へドッポーン!!

 けちべえさんもけちじろうさんも泳げないので

通りすがりの人に「すいません、おやじがおぼれかけているので
助けてやってください」と頼むけちじろうさん

 こんな汚い川に飛び込むんだからタダじゃいやだよ
助けたらいくらくれるんだ?と言う通行人に

「じゃあ、2000円」

「人の命を救うんだから、もっと出せよ」

「う~ん、だったら2500円」

「ちょっとずつ上げるなよ^^;5000円だしなよ」

「う~ん、だったら3000円」

「おいおい、値切るのか?ケチなやつだな
親父さんがおぼれかけているんだろ
 5000円だしな!5000円」

けちじろうさんが、どうしようかと迷っていると

川の中のけちべえさんが

「3000円より多く出すんじゃないぞ!

そんなに多く出すんだったら、わしはおぼれたほうがましだ!!

ブクブクブク」

けちべえさん、本当におぼれてしまいました


驚愕の?ラストに「え”~~~!!」って大騒ぎ^^;

で、「お終い」と立とうとしたら

「もう1つ!!」
「まだ先生が来てないから、もう1つ読んで!!」
(時計を見ると、すでに13:55pm^^;)←本当は13:50まで

-つもり

あるところに貧乏だけど、とても絵が上手な熊さんという人がいました

 あんまり貧乏なので、たんすやテレビを買うことができません

でも熊さんはとても良いことを思いつき

「そうだ!部屋のかべに白い紙を貼って、その紙にほしいものの絵をかいて

たんすやテレビがあるつもりになって暮らしたらいいんだ!

 よ~し描くぞお」と

大きなタンスやテレビ、冷蔵庫や戸棚
戸棚の中にはお皿にのったケーキ
 暖炉やシカの剥製、シカをしとめた鉄砲を描いて
まるでお金持ちの屋敷になったような気分のなか
 布団に入って寝ました

その夜、一人の慌て者のどろぼうが熊さんの家に忍び込み

「あれれれ?こいつはすごい家だ
立派な家具がたくさんあるなぁ 
 ここに誰か寝ているけど、目を覚まさないうちに、ぜ~んぶもらっていこう」

と、テレビやタンスに手をかけるとするり

戸棚の中のケーキをとろうとしたら指をグキッ!

 壁に近づいてよく見たら

「なんだこりゃ!みんな絵か!

なるほど絵にかいて

「あるつもり」で暮らしているのか!

 よ~し、こいつがあるつもりで暮らしているなら

オレも盗んだつもりになって帰ってやろう」と

 「盗んだ品物を包むための風呂敷を拡げたつもり

まずはテレビをふろしきに入れたつもり

そしてタンスの中から上等な服を取り出してふろしきに入れたつもり

戸棚からケーキを出して入れたつもり」

と、つもりになってしゃべっていた声で

寝ていた熊さんが目を覚まし

 「あ~よく寝たなぁ

ありゃ?誰か部屋の中でぶつぶつしゃべっているぞ

なに?ケーキをふろしきに入れたつもり?

 はは~ん、こいつ泥棒だな

おれが「あるつもり」で暮らしているから

こいつは「ぬすんだつもり」になっているのか。

 おもしろいやつだけど、いくら「つもり」でも

おれのものを持って行かれるのはおもしろくないな。よ~し」と

布団から飛び起きた熊さん

「ぱっと飛び起きて、だんろのそばに老いてある鉄砲を
取り上げたつもり」

と鉄砲を持つまねをして

「どろぼうを狙って、ズドーンと撃ったつもり」

と言うと、どろぼうは

「玉が当たって「ウワ~!」と死んだつもり」

目を回してひっくりかえってしまいました

 そこまで「つもり」にならなくてもいいのにね


チャンチャン(^^)

 帰りに店の仕事で三郷支所や買い物やら済ませて
今日は15時からの「ちりとてちんの落語の世界」を観ることができました

子ども達のおやつはベーコンチーズパン


 卵一個をボウルにわりほぐし、牛乳150ccを加えて泡立て器で混ぜて
ホットケーキミックス200gとベーコン4枚みじん切りと
パセリ大さじ1も加えて混ぜる

 フライパンを熱してサラダ油を塗り、ぬれ布巾にのせて
一旦冷ました後、弱火にかけて
 生地を流し入れ、フタをして12分ほど焼き
表面にプツプツと穴があいてきたら裏返して3分くらい焼いて出来上がり
 
夕飯は


イカのぽっぽ焼き
 キムチ鍋

今日は仕事の待ち時間等で、先日tezuさんのブログで面白そう!と図書館で借りた


「しをんのしおり」三浦しをん著を読みました

 面白かった!!と言う以前に、このエッセイを読む前
てっきり三浦しをんさんって男性だと思いこんでいました^^;

用意周到

朝景



社長と長男のお昼を用意して



店の仕事で隣町役場へ

帰りに節分草の様子を見に立ち寄りました
 ようやく咲き始めという感じです



フキノトウも美味しそう(ですが、他人の土地なので見るだけ)



買い物を済ませて帰宅
 キムチ雑炊を食べながら「エアシティー」を観て

末っ子のクラスに行ったら、ビックリ!
 もう掃除も終わっていて、読み聞かせの机や椅子も
準備済み

 早い子は、すでに場所取りをして(机の前が人気席)

「○○クン達、H先生の手伝いで体育館に行ってるから
待っている間に何か読んで!!」

「そうだよ、時間が勿体ないから
今まで読んだ話でも良いから読んで」って^^;

体育館グループも戻ってきて、H先生(他のクラス)まで
「手伝いさせてて遅くなって申し訳ありません」って


今日は


「うんこ日記」 村中 李衣著, 川端 誠著

最初「うわ~^^;」っていう感じで聞いていた子ども達だけど
読み終わったら

「お父さん、食事中なのに
うんこの絵日記見せられても怒らないんだね」etcの感想

 さて..と、落語の本に手を伸ばしたら

「そこの本、何?」

「あ、これはちょっと長いから時間的にどうかなぁ?」と言ったら

「大丈夫だよ~!!」「読んで!!」

という訳で


「お化けの冬ごもり」川端 誠著
 かまくらの中のろうそくのシーンでは、静かに聴いていた子ども達が
「綺麗だね~」とため息をついていました

で、「落語も!」

かいつまみ版「おいものふくろ」

八百屋さんに盗みに入ろうと計画を立てた、どろぼうの
親分と子分

「今からですか?」と尋ねる子分に

「こんな真っ昼間から盗みに入るやつがいるか!

頭を使うんだ頭を!」

「わかった!頭をドンドンと打ち付けて戸を壊して入るんですね」

「そんなことをしたら、こっちの頭が壊れちまうじゃないか

そうじゃなくて知恵を使うんだ

 ここにいものふくろがあるから、おまえが入って

おれが八百屋の前において

八百屋さんに「おいものふくろをしまいわすれてますよ」って

声をかけると、店の人が「しまい忘れてた」と

 おまえが入ったふくろを店の中に入れてくれる

それで店の人が寝静まった後に、おまえが中から鍵を開ければ

オレが盗みに入っていっぱい盗む」

「へ~、親分は頭がいいなぁ」

 そしてその夜、八百屋さんの前に来た2人

「いいか、ふくろの中に入ったら
絶対にしゃべっちゃだめだぞ
 おいもがしゃべったりしたらばれてしまうからな」

「わかりました、絶対にしゃべりません」

「もしもし~!八百屋さん
おいものふくろをしまい忘れていますよ」と声をかけて
ゴミ箱のかげに隠れた親分

その声を聞いた八百屋さん、おいものふくろを見つけて

「本当にしまい忘れているじゃないか
 どこのどなたか知らないけれど
親切な人がいるもんだ
 
店のなかに入れておこう。よいしょ、よいしょ

それにしても重いなぁ、このなかみ、本当においもなのかな」

と袋の中に手を突っ込んで、中の子分の頭や背中をなでまわしました


 しばらくがまんしていた子分、あんまりくすぐったくて
笑いそうになりましたが
 笑うのをぐっとこらえた途端、おしりから
おならがブーッ!!

ビックリした八百屋さん

「うわっ!気の早いおいもだ!

食べる前におならをしやがった」


ちゃんちゃん♪ 

今日のおやつはロールケーキ


卵3個、砂糖50g、ホットケーキミックス100g
バナナ1本、生クリーム
 150℃で12分

夕飯は


 ヤキソバ、カレースープ

落語好き

朝景



9時からのテニススクールの振替レッスンへ

で、着いてから
ラケットを家に置き忘れたことに気付き^^;

 試打用のラケットを貸してもらいました

今日はボレー中心のメニュー

帰宅してから、社長のお昼

麻婆野菜丼、シジミスープ(インスタント)を用意して


 私はキムチ雑炊

末っ子のクラスへ行くと、掃除が長引いているそうで^^;
 何冊か持っていった中で


「ちゃんとたべなさい」ケス グレイ 著

を読みました

 ページを開いた途端、「あ!!お母さんのネックレスとイヤリングも
グリーンピースだ!」って(^^)


担任の先生が「今日、この後町会こども会だった!!
スイマセンが今日はあと一つだけで..」

子ども達に「絵本と落語どっちが良い?」と尋ねたら

「落語!!」



 というわけで、「すずきさんのあくりょう」を読みました

かいつまみ版「すずきさんのあくりょう」

最近、血が好きになってしまったすずきさん
博士に相談に行くと「蚊」の霊がとりついたんだろうと

悪霊追い出しヘルメットをかぶらされ、スイッチを押したら

急にピョンピョン跳び始めて...

「蚊を追い出す為に、カエルの霊を入れたら
カエルが残ってしまった」と

その調子で蚊→カエル→ヘビ→タカ→猟師

と進んでいって最後のオチになるんだけど

子ども達が「次はきっとヘビだよ!!」「当たった!!」って
大騒ぎする反応が楽しかった(^^)

帰宅して、子ども達のおやつはキャベツとウィンナートースト



16:15PMから、次男の矯正歯科なので
ロールキャベツの仕込みをしてGO

今日から本格的な矯正になるので一時間半くらいかかり
 帰宅は18時過ぎ

待ち時間で


「フラミンゴの家」伊藤たかみ著を読みました
 
内容(「MARC」データベースより)
南口の「さかえ通り」商店街で、実家のスナックを手伝うバツイチ男。
元妻が入院したため、離婚以来会っていなかった思春期の娘を預かることに。
だがなかなか親子の距離は縮まらず、それどころか娘に手をあげてしまう…。


夕飯は


ロールキャベツ

ほうれん草、メンマ、糸寒天のごま油+醤油和え

夜は長女と「斉藤さん」を観た後

早寝しないとお肌が..(^^;)と思いつつ
NHKで23時からのさだまさしさんも観ちゃった(^^)

読み聞かせ

今日は長男がバイトなので、朝食作りと昼作りが
同時進行



今日は久しぶりに末っ子のクラスでの読み聞かせ

店の仕事の後、図書館へ
 帰宅して、キムチ雑炊のお昼の後
一通り声を出して読んでみました

教室に着くと、掃除が終わった子ども達がやってきて

「やったぁ!!にんにく丸だ!!」

「この前、お母さんがアスパラ郎の絵本買ってきたんだけど
私が コレ、もうnaokiクンのお母さんに読んでもらったって言ったら
え”~って言ってた」*12/21の読み聞かせ




忍者にんにく丸―野菜忍列伝〈其の1〉 川端 誠



「うえきばちです」川端 誠

図書館で読んだ時、おもわず私も声が出ちゃったけど
子ども達(先生まで)の反応が凄かった(^^)





「いぬの目」と「すずきさんのあくりょう」どっちがいい?と尋ねたら

多数決で「いぬの目」

かいつまみ版「いぬの目」

最近、目の調子が悪い山田さん
 
目医者に行くと、目玉がボロボロでガタガタになっていると

目玉研究所の博士を紹介してもらいます

 研究所へ行くと、取り出した目玉を洗濯して次は1分の乾燥

でも機械が故障してなかなか止まりません

 5分たって、やっと止まったので

博士が目玉を取り出すと目玉はカラカラに乾燥して干物みたいに

なってしまいました

 驚いた博士は、自分の研究所にクローンでこしらえた色々な動物の目玉が
あることを思いつき

フクロウだと、昼間ねむくなって仕事ができないと困るし

クマだと冬眠するから寒くなると困るし、人間には大きすぎるし

次に手にした犬の目玉を「夜だってよく見えるし

一年中ずっと元気で走り回れるし、大きさもちょうど良いし

よし!この目玉にしておこうっと」と山田さんに内緒でパコンとはめこみました

 三日たって山田さんが「ありがとうございました!」と博士のところに来ました

「おかげさまで前よりずっとよく見えるようになりました
 夜でも昼間と同じようによく見えるし
どんなによく寝ていても、あやしいい音がしたらパッと目が覚めるんです」

「やっぱりなぁ。いや、用心がよくていいじゃないか
 困ったことはないかね?」

「そうですね。道を歩いていて、ボールが転がってくると
飛びつきたくなることぐらいですか」

「元気があっていいじゃないか」

「それと、もう一つだけ不思議なことがあるんですよ」

「それは何かね?」

「テレビを観ていましてね、ドッグフードの
コマーシャルが流れると
 よだれが出るんですよ」


さてお終い、と思ったら「もっと読んで~!」「もう1つだけで良いから
読んで!」
 「もう1つだけ!!先生いいでしょ?いいでしょ?」の嬉しいリクエスト

「続きはまた明日」ということで

 帰りに図書室で来年度の小学校読み聞かせボランティアにも
登録お願いしてきました

午後は、バナナマフィンを焼きました
 ホットケーキミックス 400g
サラダ油 120cc
 卵 2個
フォークでつぶしたバナナ 2本をボウルで混ぜて
 カップ八分目に入れる(半量はココアを加えました)

15カップ分で、オーブン160c 20分




夕飯は


 ほうれん草、コーン、ウィンナーのソテー
ミネストローネ
 キムチ
明太子etc


ありがとう

朝景






社長と長男の昼を用意して



今日はテニススクール(菅野)に行く前に、店の取引先(筑摩)に立ち寄って
 この分だと間に合わないかな..と思っていたけど
どうにかセーフ

今日は今年最終の読み聞かせへ

071221book01.jpg


「うそつきのつき」


このおじさんは笑いません

「にわとりが二羽ニワトリを飼っていても」

  「亀がカメを噛めないでいても」

「イタチが、わたしはたちよ」

噛むんじゃないかと思っていたけど読めました

子ども達も一緒に声に出して読んで

「噛みそう!」「おやじギャグだ!」

で、最後のページでおじさんの正体が判明したときの

子ども達の反応がおもしろかった、というか
奥深かった

071221book02.jpg


「あっぱれ アスパラガス郎」


川端さんの絵と文は本当に勢いがあります
 読み終わった後の拍手が嬉しい

「風来坊」を描いた人だよ、と子ども達に話すと

「え?じゃあ、これもシリーズがあるの?」

「次は落語!」の声で、先生が「今日は時間がないから」と

「え~!!!」

ではまた来年にと相成りました

 「今日だけではなく、今年の最後のありがとうの挨拶」と先生が言っていたけど

まさか私が読み聞かせなんて出来ると思っていなかった

子ども達に私の方こそありがとうと伝えました

 店の仕事で豊科へ

夕景



夕飯は



チキン(ご近所のミートショップヤマトさんで予約していました
 美味しいんだよ~)

ガーリックトースト

パスタとコーン

コーンポタージュ

ヒック ヒック ヒーック!!

朝景
07122001.jpg


07122002.jpg


07122003.jpg


社長と長男の昼を用意して
07122004.jpg

 店の仕事で松本まで往復
帰宅したらもうお昼


昼食の後、13時40分からの読み聞かせへ



「よっぱらったゆうれい」


内容(「MARC」データベースより)
ちゅうべえさんは、こっとう屋の番頭。
ある日ゆうれいのかけじくが高く売れて大よろこびしていると
なんとかけじくのゆうれいが「こんばんは」と言ってきた。
人気の古典落語を絵本化。


gaikotu.jpg


「しゃっくりがいこつ」


内容(「MARC」データベースより)
がいこつのしゃっくりは、骨がきしんで、歯ががちがちいって、おなかがよじれて、もうたいへん。ヒックヒックヒック。どうしたらがいこつのしゃっくりは止められるでしょうか?


実はこの本、昨日読み聞かせしようと
家で練習読みしたのですが、しゃっくりの「ヒック」が87回もあって
 すっかり疲れ果ててしまい..

そうだ!良いこと思いついた!

「読む前にみんなにお願いがあります」←ブルースウィリスか^^;

「ヒック ヒック ヒックのところをみんなに読んでほしいんだけど」と頼んだら

「いいよ~!!」って、教室に響き渡る見事なシャックリでした(^^)

071220book02.jpg


「5分で落語のよみきかせ ふしぎなお話の巻」
から

「ねずみ」



旅が好きな左甚五郎

旅先で子どもが「宿はどうか」と宿引きをするので承知するのだが
その旅籠というのが、ねずみ屋といって小さくみすぼらしい。

正面には虎屋という大きな旅籠があり、大変繁盛している。

幼い子どもが客引きをするのが気になって、甚五郎が事情を聞いてみると
 昔、虎屋の主人をしていたのだけれど病気になり虎屋を乗っ取られて
向かいの物置で「ねずみ屋」を始めたと

 甚五郎がねずみを彫り「この箱にいれてごらん」と子どもに言うと
木彫りのねずみが本物のねずみになってちょろちょろ走り出した

 屋根の上に置いた甚五郎さんのねずみを目当てにお客がどんどん増えて
ねずみ屋は大繁盛

おもしろくないのが、向かいの虎屋

「こっちは松下丹下先生に頼んで、虎の彫刻を彫ってもらおう」

そして虎の彫刻を屋根の上に、ねずみ屋のねずみの彫刻を
見下ろすように置いた途端、ねずみはピタっと動かなくなったのです

 ねずみ屋の主人の手紙で、様子を見に来た甚五郎

虎の彫刻を見て「それほど凄いとは思わないんだがな..」

 自分の彫ったねずみに「お前は私が心をこめて彫ったんだぞ

なんであんな虎ごときににらまれたぐらいで動けないんだ」

するとねずみが

「え?あれは虎だったんですか?私はネコかと思っていました」



帰りに波田の図書館へ

夕景
07122005.jpg


07122006.jpg


07122007.jpg


07122008.jpg


夕飯は
07122009.jpg

 ヒジキとしんじょのサラダ

キムチスープ

 漬け物

鶏レバーの煮物←長女が「食べられない~」と^^;


嬉しいなぁ

朝景















社長と長男のお昼を用意して



今日はテニスの振替に行きたかったのだけれど
 全く正反対の方向に店の仕事が入ったので断念

三郷支所と松本で仕事を済ませて、帰宅して昼食の後
小学校へ

M子ちゃんが「今日は月曜日課だから読み聞かせがないかも」と
わざわざ職員室まで担任の先生に尋ねに行ってくれてOKとの由





「まのいい りょうし」


鉄砲のへたなりょうしのどんべえさん。今日も鉄砲の玉はへんな方にとんでいったのですが
ひょんなことから獲物が次々手に入り…。





「ハトにうんてんさせないで」

出版社 / 著者からの内容紹介
004年コルデコット賞オナー・ブック
いま、世界中でもっとも注目されている絵本作家の第1作
バスの運転手さんからのお願いは「ハトに うんてん させないで。」
だけど、どうしても運転したいハトは、いろんな手を使ってお願いしてきます。最後までハトに「だめ!」っていえるかな?



チャイムが鳴ったので(13:50pm)

「じゃあ、お終い」と言ったら

先生「みんなが帰りの用意を
さっさと出来るならnaokiクンのお母さんに、もう一つ
読んでもらえるよ」と

「やるやる!!」と大騒ぎ^^;



「5分で落語のよみきかせ とんだ珍騒動の巻」の中から

「ケーキを十個」

レストランで食事を終えて、お腹いっぱいのみどりさん

マスターに「ケーキを十個食べることが出来たらお代はタダ」と言われ

「今まで5個は食べたことあるけど
10個は食べたことないし..
ちょっと外で考えてくる」と

戻ってきて、ケーキ十個に挑戦するみどりさん

 珈琲も紅茶も飲まずに、とうとう完食

マスターに「さっき外に行ったときに薬屋さんで
お腹がへる薬を買ったのか?」

「そんな薬、あるわけないでしょ」


「じゃあ、お腹がへるおまじないをしてきたとか?」

「そんなおまじないも知らないわよ」


じゃあ、どこに行っていたんだと尋ねられたみどりさん

お腹をさすりながら

「私、今までにいっぺんにケーキを十個食べたことなかったでしょう?
だから食べられるかどうか、他のケーキ屋さんで
ためしに十個食べてきたのよ」


先生と子ども達が「え~~~!!」^^;

帰りに教室の窓を叩く音、フト見たらAクンが
手を振りながら「また来てね」って(*^_^*)

夕景



夕飯は


 やきそば(醤油味)

かきたまスープ

次男はやきそばにご飯を足して、スープかけて

「うんめぇ!!」って

豪快・・・・・

久しぶり

社長と長男の昼食を用意して



午前中は店の仕事(HP)+外回りの仕事

昼食のあと、久しぶりに読み聞かせへ

私の顔を見るなり、何人もの子が

「今日も風来坊持ってきた?」

って^^;

「もう風来坊のシリーズはないんだよ、ごめんね」と言うと

「そうなんだ..」とがっかりした様子

 よほど印象が強いんだなぁ

今日は
kometuki.jpg

「パッチン!とんでコメツキくん」エリック・カール著

kimihasitteiru.jpg

「きみは しっている」五味太郎作・絵


コメツキくんでは「うわ~!大きい!」とか

「あ!飛べた!」とか

「きみは しっている」では、私も(図書館で手にとって

うわ、してやられた~^^;)

そして、事前に読んでもらった

長女、次男、長男まで

「五味さんにやられた~!」のリアクションのように

みんな見事に騙されてくれて?^^;

 「今日は落語ないの?」 「先生、もうダメ?」

先生に「お母さんは1;40pmに来てくれたのに
みんなの集合が遅かったでしょ
 もっと読んでもらうためにはどうしたら良いと思う?」と

(掃除の後だし、インフルエンザ防止のお茶うがいやら
手洗いやらで
 子ども達も忙しそう)

「明日はもっと速く集まるから
明日もいいでしょう?」って
 嬉しい限りです

明日から懇談会で短縮授業

短縮授業明けの来週木曜日に再演と相成りました

 で、帰りの足で

スイミングへ

 今日もnaomiコーチの「個人メドレー教室」

片手バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→クロール

計550m泳いだそうですが←計算していないし



「じゃあ、最後にクロール100m泳いで終わりにしましょう♪」

きっつ~(*_*)

 一旦帰宅して、再度店の仕事で外回り

夕飯は
07121102.jpg

 ターツァイと豚肉とザーサイの炒め物

ひじきの蒸し豆腐

 鰺の開きの大根おろし和え

Thanks!

プロフィール

MARIA

MARIA


Main HP::Maria's Photo Gallary
~From安曇野



::Profile

::Maria's photo blog


::往復書簡

LINK

MY BLOG LIST

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

月別アーカイブ