FC2ブログ

ジリジリ暑い

長女は高校で部活、今朝も早起き

「梅ちゃん先生」(BS2)が終わってから
登校する末っ子

「行ってきます~」

「制服の上着は?」

「着ていかないよ~ ┐('~`;)┌ 」

店の仕事で外回り

 ナツズイセンが咲くたんぼ道


その後、松本市内の取引先へ

 自分の段取り違いで、駅前通りをてくてく歩く羽目に..

で。信号待ち 

アスファルトの照り返しが暑いのなんのって(^^;)

家の近くを自転車で走っても、それは暑いけれど
やっぱり田んぼを吹き抜けてくる風とかが
ないせいかな?ひたすら暑かった(^_^;)

帰宅して、お昼は五目冷や麦
(鶏ささみの酒蒸しを梅肉+みりんにつけこんでおいたら
梅干し嫌いの次男が「これは美味い!」と)


夕方、ツバメのヒナーずが巣に戻っていました
 うちの子達も「帰ってきてる♪」と口々に(^^)


夕景





 少し気温が下がったので草取り開始

で、汗だく~ かつ 蚊に刺されるし(^^;)

夕飯は

鯖の煮付け

かぼちゃの煮物

春雨サラダ

干しきゅうりのはりはり漬け

若布と葱のかき玉スープ

 夜は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」
の映画をTVで観ながら長女のマッサージ

今日はetcの待ち時間で

「ヒア・カムズ・ザ・サン」有川 浩さん著
を読みました

内容(「BOOK」データベースより)

真也は30歳。
出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。
何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。

わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。

 2つの話、どちらも心に響きます
もっと感想を書きたいけれど、この話は
やっぱり読んだ人と一緒に「どうだった?」って
いろいろおしゃべりしたい一冊

COMMENT 2

ミントジャム  2012, 08. 23 [Thu] 20:57

実家の居心地

MARIAさん こんばんわ♪

いやはや、毎日、暑いですね~今日がピークと思いたいけど・・・(*_*)

ひなちゃん達は、きっと、安心できる場所なのでしょうね!
生まれてからずっとそこにふたりで居たのだものね~~おかあさんとおとうさんが運んでくれるご飯を食べて大きくなったんだものね~~みんなから見守られてきたんだものね~~

なぁ~んてことを考えながら、MARIAさんちの夕飯を見ちゃいました(^^ゞ
ツバメも人も親心は同じかもしれませんね(*^_^*)

Edit | Reply | 

MARIA  2012, 08. 23 [Thu] 22:40

安心しきったこの姿

ミントジャムさん、こんばんは!
先ほどまで雷とちょっと雨でした
 確か昨日の天気予報だと「暑さは今日まで」って
流れていたような...

今夜もひな~ズは巣の中です。安心しきった顔で(^^;)
 このヒナを育てているのはツバメ三羽、どうやら一羽はヘルパーさんのようで(^_-)どれがパパだかママだかヘルパーさんなんだか良くわからないぐらい三羽とも足繁く
本当に今年はツバメのおかげで色々楽しませてもらいました
 近いうちに空っぽになった巣を見上げて、来年に想いを馳せるんだろうなぁ(^^)
(なんて書きつつ、「わが家で冬越ししました」なんてこと..

ないですよね(汗) )

Edit | Reply |