長男がティラミス作り


いつもの日曜朝

長女は友達とトレーニングへ

「日本の昔ばなし」

「雷太と鬼」
朝吉と妻は、天から落ちた雷を助ける。夫婦はその後に授かった男の子を雷太と名付けた。雷太はりっぱな人物になるよう寺に預けられるが、寺には鬼が棲みついていた。

「「お」は難しい」
男まさりで言葉遣いの乱暴な娘が、隣村へ嫁いだ。母親の言いつけを守り、婚家では、何にでも「お」をつける。普通の言葉遣いでいいからと言われて安堵したのだが…。

「焼け地蔵」
名主の屋敷で働く小浪は、信心深い娘だった。子供のいない主人は小浪を養女にと考えるが、小浪を嫌う妻は主人の留守に小浪を辞めさせてしまう。その夜、火事が起き・・・。

 と、子どもたちと「どの話も初めて聞くのばかりだね~」と(^^ゞ

長男がティラミスを作るので買い物へ
出かけて行き
私は「歌の日曜散歩」を聴きながら家事

 帰宅してティラミスを作り始めた長男が

「ちょっと失敗しそうなんだけど^^;」と

なんとかなりました!



お昼は 肉うどん


TVで山雅ホーム戦
 引き分けでした(^^)

ちょうど試合が終わったところで
旦那が「この後、店手伝って~」と

超慌てて家事を片付けて店へGO

 この時期はバイクのお客さんとスクートの
お客さんも
 山雅の応援帰りのお客さんは「声が枯れました!」って^^;
おしゃべりも楽しい(^^)


夕飯は




天ぷら(イワシ さつまいも
ふきのとう ネギと桜えびのかき揚げ
 娘が手伝ってくれて助かった♪)

冷奴

Comment

Leave a Reply










Trackback