ただただ、もう

朝、聞いたこともない大音量の防災無線

Jアラートらしい。夜勤で朝帰り、そろそろ寝ようとしていた
次男がドタバタと二階から降りてきて

「naokiがピクリとも動かないんだけど?」

6:05AM
 
2人で「ミサイル到達するとしたら、そろそろだよね?」と
話しつつ

何にも出来ないし。

 繰り返される防災無線を聴きながら
戦時中は、夜中でも空襲警報で
寝てもいられなかったんだろうなぁと。

起きてきた末っ子が「LINEで友だちが
「今日、休校?」って聞いてきたから
もしかして地震でもあったの?」と^^;
 ある意味大物か?

お弁当は
 生姜焼き
じゃがいもとにんじんのペッパー炒め
 生姜天のお好み焼き風


 店も落ち着いていて
母屋で家事がはかどった

夕景




夕飯は

ブリカマの塩麹漬け焼き

じゃたいもの染煮

オクラ、わかめ、豆腐のおすまし

次男は夜勤へ

私は一足先に寝室でTV(チャンネル権の関係で)を
観ていたら

携帯にお友達から電話

 元店長の訃報

一瞬、「いやいやいやいや、ないないないない」と
脳みそが固まった。私より一歳年下の元店長

だって、この前
店に来たばかり。入院していたことすら知らなかった。

旦那に伝えたところ「会いに行くぞ」と

パジャマから着替えて、2人で隣市へ

 ご家族から話を聴いても上の空になってしまい。

帰る間際に顔をさわったら
もしかしたら、すぐに目を開けて

「のんねぇ、驚いた?」って言って
目を覚ますんじゃないか?

もう冷たくなってしまった感触と
まだ信じたくない気持ちがどうにもならない。

 帰宅して、実家(元店長が毎年、年末に蕎麦を送ってくれていた)と
長男と娘に取り急ぎ連絡。

まだ気持ちがフワフワ
朝のJアラートといい、毎日当たり前に感じて過ごしていることは
当たり前じゃないんだと
ただただもう思い知らされた1日

 寝床に入ったら、雨音と雷鳴。涙雨なのか?

COMMENT 2

あま  2017, 08. 31 [Thu] 16:56

訃報と言うのはいつも突然で
5年前お目にかかったのが
最後となってしまいました。

暫くしたら、お線香あげに
松本へ参ります。

Edit | Reply | 

MARIA  2017, 09. 02 [Sat] 19:18

あまちゃん、久しぶりの連絡がまさかの訃報で(T_T)
 お忙しい中弔電をありがとうございました。
おかげさまで無事送り出すことが出来ました。まだまだまーさんが
神様になっちゃったなんて信じなれない思いです。
 

Edit | Reply |